なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




シアターコレクティブ実験劇場2008  :: 2008/07/27(Sun)
2年がかりのマリヴォー作「愛と偶然の戯れ」

作:マリヴォー
訳:鈴木康司
演出:守輪咲良
出演:SAPメンバー

7月26日(土)、領国のシアターXで観てまいりました。
花火大会へ向かう人の流れの中、汗をかきながら、劇場へ。
劇場入り口で、K子ちゃんと遭遇。

このK子ちゃんは、舞台を見に行くと高確率で遭遇します!
私とK子ちゃんは運命の糸で結ばれてるのかしらん!?

さておき。

久々にマリヴォーを観ました。
ん~。この作品は正直、嫌いです。

貴族の男女と召使の男女の恋模様がテーマなのですが、簡単に言うと・・
「求婚者の愛を確かめるため、身分を偽って接する女。
しかし、男のほうも身分を偽ってやってきた。。はてさて、二人の恋の行方は・・・?」
というような作品です。

こう書くと「まぁ、良いんじゃない?」って感じなのですが、この女性!!かなりすごいですよ。
男の愛を確認した後も身分を明かさず、決して媚びず、「偽った身分の自分」に求婚させないと気が済まない。
この作品を観たのは2回目なのですが、今回もやっぱりこう思いました。


「もう、その辺で許してあげて!」


話は嫌いですが、役者さんは皆、素敵でした。
SAPの役者さんは、皆、自由に舞台を動けるのです。
そして、芝居を楽しんでいて、「芝居が好きなんだな」と伝わってきます。
良いですね~♪
観ていて「私もやるぞー!」って意欲が湧いてきました。

・・・ていうか、私も1年半ほどここで勉強していたんですけどね
皆、良い役者さんになっていました。
私も負けないぞー!!



スポンサーサイト
  1. 演劇関係



次のページ