なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




即興芝居 :: 2010/07/12(Mon)
先々週から先週にかけて3回ほど、劇団イルカHOTEL主催の谷省吾さんの授業でした。

俊敏性を必要とするシアターゲームをやったり、思いっきり走ったり。

「役者って、頭の回転が速くて、なおかつ体力がないとやってけないのねーーー!」と久々に痛感しました。
あと度胸、集中力、その場を楽しむ好奇心などなど。
必要な要素がたくさんだな~。

そして即興芝居授業の最終日、二人組でのエチュードに挑戦しました。

決められた1つの単語しか使ってはいけないのですが、それでどこまで相手と意思疎通を図り、話を進められるかというものでした。そして、観客にどれだけ話の内容が伝わるか。

見てくれてたクラスメイトが、そのままズバっと設定を言い当ててくれたので「あ、観客には伝わってるのかな。良かった」と思ったのもつかの間、実は一緒にエチュードをやった相手は私の思惑とはまるで違う解釈で進めていたことが発覚!

とっても不思議。

私と観客の人の視点は一緒だった。
でも、実際、その舞台空間で意思疎通は出来ていなかった。
(お互いが違う解釈で話を進めていたから)

あの時、舞台上では上手く歯車が回ってる気がしたのですが、実際は別々の歯車だった。

いや、ほんとにすごく不思議でした。



「強調すべき所を私、強調できなかったな~」とか「もっとこうすれば良かったな~」と反省しつつ、「芝居って面白いな~♪」と再確認できました!




スポンサーサイト


  1. ピッコロ