なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




遊気舎 「イキトン」 :: 2010/08/29(Sun)
遊気舎 「イキトン」
8月28日(土) 14:00~の回に行ってきました。

行ってきました!
10年ぶりに「KAVC」へ
世界一団を初めて観て以来のKAVC(神戸アートヴィレッジセンター)。

新開地にあるのですが、商店街を地図を片手に歩いていると…ムニュ。

ん?なんか踏んだ??
何だろー?って足元を見てみると…

ドーナツΣ( ̄□ ̄:)!!

私、人生で初めてドーナツを踏みました。

さぁ、そして人生初めての遊気舎観劇!
東京で小劇場好きな知人の方とお話していると、よく「遊気舎」「クボタさん」というワードが出てきていたのでものすごく気になっていました。

感想は…
面白い!!!すごく面白かったです。
笑って、ホロリとして、最後には心が温かくなる感じの舞台。
良いですね~

ずっと前に、上述の知人の方に「天才脚本家」という舞台のDVDをお借りしたことがあったのです。
そこに「羽曳野の伊藤さん」が出ていたのですが、お客さんの反応もものすごく良くて。
今回、遊気舎の舞台を観て、「あぁ!これがあの『羽曳野の伊藤さん』かぁ」と分かりました。

ちなみに、タイトルの「イキトン」を私はずっと「イトキン」だとばかり思っていました。
ピッコロメンバーのHなちゃんと会った時に「イトキンじゃなくてイキトキだよ♪」と教わりました。
「イキトキ=生きる時」みたいな感じなのかな~と思っていたのですが!
別のピッコロメンバーに「イキトンだよ!」と教えてもらいました。

ふふふ。
確かに「イトキン」だと舞台の内容とさっぱりリンクしないですよね☆

スポンサーサイト


  1. 演劇関係