なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




C.T.T.ワークショップ in OSAKA 「パフォーマティブな僕たち」 :: 2010/10/05(Tue)
行ってまいりました!

C.T.T.ワークショップ in OSAKA
「パフォーマティブな僕たち」
講師:ウォーリー木下氏
会場:ウィングフィールド
日程:9/30、10/1、10/2

C.T.T.とは
「Contemporary Theater Trainingの略で「現代演劇の訓練」を意味。
創作者の負担をできるだけ軽減して演劇の機会・場など提供しようと発想されたのがC.T.T.です。
「完成品のためにいろいろ試している過程」の発表の場とご理解下さい。」(HPより抜粋)

とのことで、様々な活動をされているようです。
さてさて、このワークショップチラシを見た私は…「うぉー!ウォーリーさんのワークショップだぁぁ!」と大興奮。
申し込み用紙にも「劇団☆世界一団が大好きで、ウォーリーさんのワークショップ受けたいです!」などアツく書き込む竹村。
後ほど、ご本人も申込用紙を見るということをスッカリ忘れておりました。
いや、恥ずかしい…。すみません…。

さて本題。
本当に楽しいワークショップでした。
メンバーも皆、個性的で楽しかった。

ゲームを通して、最後にパフォーマンス作品を作っていくというものだったので、たくさんのゲームをしました。
1人1つゲームを作る宿題が出たのですが、それを皆で体験して、今度はそこから新たな作品を作ったり。

そして最後は皆で作品を作って3日間を終えました。
ゲームや即興から、ああいう作品が出来るのって凄い事だと思いました。

私、ピッコロで中間発表会の企画と台本を少し書いたのですが、その時は頭をフル回転させて「過去に観た映画・本・舞台、自分の体験・見聞きしたこと」など、自分の中にあるものを使って書いた感じでした。

でも今回のワークショップを受講して、自分の中からではなく、自分の外界からのものというか…ん~何ていえばいいんだろう…すでにあるものではなく、新しく生み出したものから作品を作れるんだなと大発見でした。

そしてそして本当に楽しい3日間でした。

その後の飲み会で、世界一団のことを少しウォーリーさんに聞いたりしました。
至福!!

さて写真は二次会での写真です。
ワークショップ
飲み会も楽しかったな~。
またいつかどこかで会いたいメンバーですね。
スポンサーサイト


  1. 演劇関係



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。