なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




ドイツ・オーストリア旅行 1日目 :: 2010/12/24(Fri)
こんにちは!
プロバイダーを替えたら、ネットにつなげなくなったメカ音痴・竹村です
遅くなりました!

さて、ドイツ・オーストリア旅行の1日目
11時間(だったかな?)飛行機に乗り、降り立ったのは乗換便のあるオランダのアムステルダム!!

アムステルダム


いやぁ、クリスマス一色
至るところにクリスマスの飾りつけがされていて綺麗でしたー!

オランダの人は背が高いんだなぁ
私、人生初ヨーロッパだわ~

なんて考えながら、のんきに歩いていた私。
まさかこの後、過酷な旅が待っているとは知らずに…。

搭乗口が変わったとかで、添乗員さんの後に続き、あっちへ行ったり、また戻ったりしていたのですが、なんと

フランクフルト行きの便は、雪のため欠航とのこと。
しかもドイツへ飛ぶ便、全て欠航。

うそーん( ̄□ ̄;)!!

そして添乗員さん、決断されました。

「電車でドイツに入ります」

電車てー!!

オランダからドイツって電車で行けるんだそうです。

ICEという電車に乗って、フランクフルトまで。
さぁ、ICEに乗れる駅まで移動です。
市民の足的な電車に乗って、いざ、その駅へ。

ね、眠い。でも、ここオランダではまだ夕方の5時とかなんだな~。

ふふふ。
周りの帰宅中のサラリーマンたちは気づくまい!
この大きなスーツケースを持った東洋人の集団の体内時計はもう、夜の0時だということを!!
(時差8時間)

…知ったところで、どうってことないですけどね(笑)

さて、無事に駅に到着し、サラリーマンが溢れるホームに降りたのですが、
私、ものすごく非力なのかスーツケースを降ろすのに少し手間取りまして。
そうしたらホーム上のサラリーマンが「○×%&△#!」と私に向かって笑いかけてくれました。
「頑張れ!」的な言葉だったのでしょうか?
生まれて初めてヨーロッパの人に話しかけられた竹村はものすごくテンパリ、なぜか「…アー」と答えました。
「アー」って。どれだけ横柄なの、私。


そんなこんなで、ガラガラとスーツケースを押してICEとやらに乗り込みました。

ね、眠い。
でも、海外の電車で眠るなんてダメ!! しっかりして私!
さっき駅ナカのスーパーで買ったミント飴を一箱食べる勢いの竹村。
寝ぼけた頭でこう考えました。

「ミント飴って食べ過ぎると、喉が痛い…」

どうでもいいことを発見しつつ、ミントや睡魔との攻防戦を繰り広げる中、ふと車内を見渡すと…

ツアーの人、皆、寝てるーΣ( ̄□ ̄;)!!

その後、竹村も寝ました。
あの努力はいったい何だったんだろ。

そんなこんなでやっとフランクフルト。
結局、ホテルに到着したのは日本時間では朝の6時とかそれくらいでした。

とても綺麗なホテルで、温かいお風呂に入り、その日は熟睡しました。

いや~。大変だったけど、貴重な体験でした。
何よりも「すごい!」と思ったのが、添乗員さんの迅速な判断・行動。
この添乗員の小沢さん(仮名)は本当に頼りになり、ツアー客が快適に過ごせるように考えてくださり、「添乗員のプロ」ってこういう人なんだな~と感嘆しました。

そんな小沢さんのお話もまた書いていきますね。

スポンサーサイト


  1. 旅行