なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




ドイツ・オーストリア旅行 3日目 その② :: 2011/01/28(Fri)
ギーンゲンを後にし、バスは一路ウルムへ。

ウルムはアインシュタインの故郷なんですって!
(今、パンフレットを読み返して初めて知りました)

ウルム

ウルム、寒かったですね。
雪がずっとチラチラと降っていました。

さて、クリスマス市見学もこれで3つめ。
なんとなく雰囲気も分かってきたので、ぐるっと1周。
そしてランチを食べにクリスマス市を出て百貨店へゴー。

クリスマス市から徒歩5分くらいに百貨店があり、その最上階にはビュッフェ形式のレストランがあるとのこと。
さぁ、ドイツで初百貨店。
百貨店というより、日本の大手スーパーみたいな感じかな。
(後にドイツ在住の幼なじみのお姉ちゃんに話を聞くと、日本の百貨店のようなものはあまり無いみたいです。
日本でいう大手スーパーみたいなものを百貨店と呼ぶみたいです)

ピューマのジャージが日本よりも安く売っていたり、さっき行ってきたシュタイフのぬいぐるみがセールになっていたり、ソニーとパナソニックのテレビが売っていたり。
日本の家電製品って、すごいんだなー!

そして最上階へ。

…。
しまった!!
注文の仕方がわからなーーい!!

広いエリアに美味しそうな食べ物が並んでいるのですが、しかし、どうやってレジに持って行っていいのか分からない。
ビュッフェ形式だけども、レジとかどこだろう?

私の同行者が英語が少し話せるので、通りかかった人に聞いてくれました。

ドイツの人、親切ですね。
丁寧に教えてくれました。

話によると、お皿に好きなものを載せて、向こうのレジに持っていくとのこと。
お皿は2種類あって云々。

その方にお礼を行って、さっそく食べ物を選び、お皿に載せます。
ソーセージ、パスタ、パンと選び、デザートコーナーへ。

キャー

デザート、美味しそう!
日本よりも大きなケーキ、ゼリー、プリンなどなど。
ちょっと大きなカップに入ったケーキをチョイス。
さぁ、レジへ。

ここでの会計方法は…

食べ物を載せたお皿を秤の上に置き、そのグラム数で料金が決まるみたいです。

けっこうたくさんお皿に載せたし、デザートも選んだのに、私のお会計は600円くらいでした。
安いな~!!

ドイツって食料品が安いのですかね。
この後、フュッセンまでバスで移動。
ルートポルトパークホテルという、これまた綺麗なホテルに宿泊。
近くにスーパーがあったので覗いてみました。

野菜・乳製品・ミネラルウォーター・ビール等、安いですね。
乳製品なんて日本よりも格段に安くて(チーズが1ユーロちょっと)、羨ましかった!

日本となんでこんなに差があるんですかね??

さてさて、明日はいよいよ、あの有名なお城を見にいきます!!
スポンサーサイト


  1. 旅行