なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




ドイツ・オーストリア旅行 5日目 その② :: 2011/02/12(Sat)
さてさて、ツアーはザルツブルクを後にしてシュタイヤーへと向かいます。

ここシュタイヤーには「世界各国の人々に親しまれているクリスマス郵便局」があるそうです。
(ツアーの行程表参考)

知らなかった!!
そんな世界各国の人々に親しまれている郵便局がオーストリアにあっただなんて!!

クリスマス郵便局
クリスマス郵便局の外観(写真 奥)


シュタイヤー看板
クリスマス郵便局の看板。

ここでは、ここでしか買えない切手を買い、ここでしか押せない消印を押してもらい、手紙を出すという事が出来るそうです。

へぇ~。そうなんだ~。
と周りを見てみると、なんと!
ツアーの人、全員、お手紙持参でした。
そして、切手を買い、消印を押して貰って、手紙を出していました!!

えぇーー!
そうなの?皆、ちゃんと準備していたの!?
と、驚愕した私と同行者の二人。
ツアーで私たちだけでしたね、手紙を出さなかったのは。

楽しそうにお手紙を出す手続きをしているツアーの人を横目に展示品を見る、私と同行者。
切手の展示がありました。
シュタイヤーの切手
私、アホな顔してますね~(笑)

郵便局の前にはクリスマスツリーがあったり。
シュタイヤーのツリー

写真はないのですが、中にお酒が飲めるスペースがあったり。

さて、この後ツアーは今日の宿泊先のウィーンへ向かいます。


オーストリアに入って思ったのが、「人が明るい」ということ。
昨日の夕食はザルツブルグの街の明るい雰囲気のレストラン(居酒屋さんかな?)に入ったのです。
店員さんも明るくて雰囲気が良く、ご飯も美味しくいただき、さぁ、お店を出ようとした時。
おじさんやおじいちゃんの集団の席があったのですが、彼らは私たちのツアーに気が付くと、ニコニコして、
「オ~!ワンダフル~!」「ビューティフル~!」「オォ~!」と歓声をあげてくれました!

なんか、ちょっと嬉しかったな~♪
実はドイツでは「ジャップ!!」と言われたり、別のツアーの人が「ドイツ語は分からなかったけど、あからさまに日本人の悪口言ってるんだろうな~って人とすれ違った」と言っていたので、ちょっと悲しかったのです。
でも、オーストリアでこういうふうに明るく接してくれる人たちもいて、ちょっと気持ちが晴れました。

ドイツは「親日の国なのかな?」と思っていたら、決してそういうわけではなく。
(もちろん親切な人もたくさんいましたよ)
オーストリアは「芸術の国という印象だから、結構、静かな国なのかしら?」と思っていたけど、そういうわけではなく。

実際、行ってみないと分からないものですね。

さて、明日はいよいよウィーン観光です!
スポンサーサイト


  1. 旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。