なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




ドイツ・オーストリア旅行 6日目 その① :: 2011/02/13(Sun)
昨日はクリスマス郵便局を出て、一路、ウィーンのホテルへ向かいました。
そのウィーンのレストランで食後にガトーショコラとウィンナーコーヒーが出ました~!

ウィーンでウインナーコーヒー
ケーキは濃厚で美味しく、ウィンナーコーヒーも美味しかった~♪

そして、今日の朝食。
最終日の朝食
ツアー中、朝食は毎日ビュッフェ形式だったのですが、種類も豊富で美味しかった~♪
特にチーズやパンの種類が豊富で、毎日、ウハウハでした。
ポットに入ったコーヒーもおかわり自由なのですが、コーヒーも美味しかったですね♪


さて。
そして今日は午前中はウィーン市内観光で、午後からは自由行動となります。
朝一番に向かったのが「シェーンブルン宮殿」
開場の9時に合わせてツアーバスで宮殿へ。

シェーンブルン宮殿

開場前ということで、人がほとんどいませんでした。
いるとしたら、他のツアーの日本人の方たちくらいでした。
現地のガイドさんいわく「こんなに人がいないシェーンブルン宮殿は、この朝の時間くらいです。シャッターチャンスですよ!」とのこと。

シェーンブルン宮殿はウィーンにある宮殿で、ハプスブルク王朝の歴代の皇帝が離宮として使っていたそうです。
こっちが夏の離宮だったかな?ホーフブルグ宮殿が本宮だそうです。(ウィキペディア参照しました)
このシェーンブルン宮殿にはマリー・アントワネットや、エリザベートが暮らしていたとのことです。

「パンがなければ、お菓子を食べればいい」のあのマリー・アントワネット!
ミュージカル「エリザベート」のあのシシィことエリザベート!

そんなそうそうたる方々が住んでいたお城!
胸がトキメキますね。

さて、開場を待ち、日本人でごった返すロビーを抜け、いざ、中へ!

中は撮影禁止なので写真はないのですが、いや、広い!!
そして…きらびやか!!
西洋のお城は本当に豪華ですね。
西洋風のお部屋ばかりかと思ったら、東洋の芸術を取り入れたお部屋もあったり。
中国や日本の陶磁器が飾ってあるお部屋もありました。
漆塗りのお部屋もあったりして、エキゾチックでしたね。
エキゾチック、ジャパンならぬ、エキゾチック、シェーンブルン。

写真がないのが本当に残念なのですが、気になられた方はぜひネットで検索してみてください。

そう、宮殿内部見学なのですが、長いコースと、その半分のコースがあるようです。
もちろんお値段も違うのですが、ガイドさんいわく、お勧めは長いコースだそうです。
私たちのツアーは長いコースだったのですが、実際、回ってみて、「さぁ、ここから!」という時に短いコースは終わってしまう感じでした。

というわけで、見学を終え、外に出ると…

人・人・人!!

さっきまでは日本人の方(自分も含みますね!)が多かったのですが、お昼前くらいの時間になると、外国の人が多い!

あ、私も外国の人から見たら外国人なのですが、便宜上、ここでは日本人以外の方を外国人とさせていただきます☆

ガイドさんの話によると、イタリアからの観光客が多いんですって。
しかもバスで来るんですって!

ヨーロッパってすごいですね。
「ちょっとウィーンまで観光してくるよ、バスで」みたいな感じなんでしょうね。
羨ましい。

そんな中、バスの出発まで自由時間なので、裏の庭園を見に行きました。
グロリエッテという展望台があるのですが、そこまで行くと集合時間に間に合わないので、遠くから見てみました。
グロリエッテ


途中、こんなものがあったり。
雪だるま
またまた私、アホな顔してますね。
この雪だるまは人気者で、他にも写真を撮ってる方がいらっしゃいました。

その後、宮殿の前の広場に戻り、クリスマスマーケットを見て回ったり。
(上の宮殿の写真には載っていないのですが、私たちが内部見学している間に市が立ってました!)

とりあえず、人がものすごく多かった~!!
さすが観光名所だけありますね。

さて、この後は市内観光&自由行動です!

つづく。



スポンサーサイト


  1. 旅行



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。