なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




ピッコロ見学 :: 2011/07/02(Sat)
ピッコロ同期のKさんのお誕生会で、「研究科で小発表をするよー」という情報をゲットし、ピッコロの研究科を見学させてもらいました竹村奈津です。

てか、お誕生会って小学校以来、久しぶりに行きました!
「HAPPY BIRTHDAY~♪」も歌いましたさ。
いや~、楽しかった


というわけで、先日、久々にピッコロにオジャマしてきました。
ピッコロに向かう途中で、ばったりH田先生に出会い、ウキウキな竹村。
早めに着いてしまい、H田先生、事務のK梶さんと少しお話もしました。
楽しかったー! 竹村、めちゃんこ癒されましたー♪
そして、研究科に進んだ同期生たちが、「あ、竹村だー!」という感じで言ってくれたのが嬉しかった~。
勝田声優学院もそうでしたが、卒業した後に、フラっとご挨拶に行ける学校・養成所があるということは、本当に幸せなことだと思います。
そしてそして、あたたかく迎えて下さり、本当にありがとうございます!!

さて!
小発表のテーマは「対象物」というもので、「もの」を一つ選び、その「もの」を様々なものに見たて、音楽に合わせて様々に動かす…という感じなのですが、どの発表も面白い。

選んだ「もの」や、音楽、そして、動き。
それらのどこかに必ず、演者さんの「人となり」が垣間見えて本当に面白い。

「あ、○○さんらしくて良いな!」
「さすが、△△さんのは見てて癒されるなぁ」などなど。

「もの」がまさかの物に見えたりして、「この発想はすごいわ!」と感心したり。

最初この「対象物」の話を聞いた時に、なぜ「もの」を使うのだろうと疑問に思っていました。
ですが、発表を見て、島守先生の説明を聞き、「なるほど!これは良いなぁ!」と思えました。

「もの」が色んなものに変化する。
その変化への発想も大切だし、変化する間の動きもまた大切。

その「変化する間」というのは、たとえばシーンとシーンを繋げる時に役に立つとのこと。
一つ一つがブツ切りなのではなく、どうやって、次のものに繋げるのか。
どうすれば、次のものにつながるのか。
ということを学べるとのことでした。


面白いな~!
私もやりたいな~!

なんて話を見終わったあと、見学に来ていたYっこちゃんと話していました。
その後、何人かでお茶しに行き、色々と話しました。
こうやってピッコロを卒業した後でも、また楽しく話せる仲間って良いですね。

あぁ、本当に楽しかった♪
やっぱり演劇は本当に良いですね。

スポンサーサイト


  1. ピッコロ