なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




節分でしたね(再編集) :: 2013/02/05(Tue)
節分でしたね。

昔、大学の授業で、民俗学の先生が節分の歌(?)を歌ってくれたことを懐かしく思い出しました。

「追儺 追儺 追儺~♪」

「ついな」と読みます。
その授業で、「節分にイワシの頭と柊の葉を玄関のドア横に掛ける地域がある」と聞きました。

そんなことを懐かしく思いだした節分の日。

竹村も巻き寿司を作りました。
写真は無いのです。
やっぱり、巻きすナシで寿司を巻くのは難しいですね。
クッキングシートで巻いてみたのですが、米の巻かれ具合が柔らかすぎで、食べてる最中ポロポロと…
あと、具に下味をつけてなかったので、味が薄かった!
そっか、巻き寿司って具に下味をつけないといけないんだなー。
料理初心者感満々の竹村。 来年リベンジします。

恵方巻き、スーパーや百貨店で大々的に売り出していましたね。
私、小さい頃の恵方巻きって、かっぱ巻きかお新香巻きなど細いのしか食べた事なかったです。
太巻きは最近の流行り?それとも昔から、あんな太い巻き寿司を皆、丸かじりで食べてたの?
なんかこう、販売戦略に乗せられてる感じがする。気のせい?

とりあえず南南東を向いて、神様に日々の感謝をしつつ、ささやかなお願いごとをしながら巻き寿司をいただきました。

そして、掃除が大変だろうということで、2粒だけ豆を撒き、晩御飯にイワシの干物を食べました。

DSCN1352.jpg

写真を載せるほどでもないご飯なんですが、寂しいので載せてみた。
・いわしの干物(岸和田産とのこと。岸和田でイワシ捕れるの?加工が岸和田??)
・土鍋で蒸し野菜
・アボガドと里芋のねっとりサラダ
・ご飯
・味噌汁
そして、豆。年の数だけ食べたら胃が痛くなるので、10粒ほど食べました。

豆といえば、小さい頃は豆撒きをした次の日の家の前は、スズメがめっちゃ来てましたね。豆食べに。
「節分の次の日はスズメが忙しい」と小さい頃はよく思っていました。

とりあえず、巻きすを買って、巻き寿司作りをうまくなろっと。
そんな2013年、竹村の節分でした。
スポンサーサイト


  1. 日常日記