なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




マイク :: 2013/10/23(Wed)
雨多いですね。
雨ばかりなので、雨の日の洗濯にも慣れてきた。

「少量を洗う」
「屋根のある物干しに干す or 室内の風通しのいいところに干す」

この2つでやっていけば、雨の日の洗濯もまぁ何とかなるかなー。
大型のものは汚れがひどくなければ、晴れの日まで洗濯待ち。
ってなふうにすると、なんとか少量で洗えるはず。

そんな雨の日の洗濯話で始まりました、竹村奈津です、こんにちは。

この間、久しぶりにマイクの前に立たせ…いや、座らせていただきました!!
ありがとうございます!

わー!実に何年ぶりやろ?
お仕事ではないのですが、マイク前で声を出してきました。

ハハハ、緊張した。
緊張したけれど、楽しかった。
やっぱり好きなんでしょうね、声を出すことが。

「自分だけのために」読むのはもういいとして、聞いてくれてる人がホッとしたり、笑顔になったりするようなことが出来たらいいなー。


あ、そうだ、緊張といえば。
ある中堅声優さんのお話を聞いた時。
「私でさえ本番直前には緊張する」って仰ってました。
あの方でさえ緊張するねんから、きっと皆、言わないだけで緊張はしているんだろうな。
が、その緊張の中で練習通りの芝居・ナレーションが出来るかどうかが鍵なんだろうと思います。

ちなみに「本番ミラクル」って良くないっていいますよね。
本番は練習と同じに出来るかどうか。
つまりは練習から本番と同じく良い出来に仕上げられるかってことなんですね。
スポンサーサイト


  1. 演劇関係



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。