なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




なぎなた楽しいです :: 2014/12/11(Thu)
なぎなた、続いております。


私の稽古着と袴なのですが・・・デカイ!
稽古着は3Lで、袴は普通に履くと床に裾がつきます。(折って履いています)

購入前に試着することはなく、お店には私の身長と体重を伝えて購入したのですが・・・
(身長169センチ、体重48キロ)

デカイ(笑)

私の身長の数値だけを見て、「上は、じゃあ3Lね!」「下はローングな袴でいっか」ってなったのかな!?

えー、体重の数値も見て見てー。

やっぱり丈、重視なのかなぁ。
私は着物に合わない体型なので、仕方ないですね。
(ちなみに古い着物を着た場合、おはしょりは出来ません)

さて、なぎなた。
やっぱりお稽古は楽しいです。
道場は極寒だけど。
ちなみに前回の室温は10℃でした。
さささ寒い。

前回も先生から、ためになるお話をうかがえたので備忘録として記します。

形の稽古で。
私のなぎなたと先生の刀でつばぜり合いの形をしていました。

その後で先生にお話をしていただいたのですが、
「相手のつばを抑えつけている時に、フッと力が抜ける。相手がいつあなたに切りかかってくるか分からないから力は最後まで抜かない」

ということでした。

また、相手の刀の刃に沿って、なぎなたを滑らせ、つばの所で競り合いをするのですが、
その刃を滑らせる時も、
「あなたの剣先はスーっと行くのではなく、ユラユラ~フラフラ~ってなっている。ここはグッと一気に滑らせなくてはいけない」

ということでした。

これ、日常の生活にも当てはめられますよね。

集中する時は最後まで集中する。
途中で気を抜かない。

「やる時は全力でやる!」だなぁと思いました。

また、つばぜり合いの時、ただ単に剣先を滑らせれば良いわけではなく、
その動きには理由や目的があり、(なぎなたの場合は、相手を切るという目的)
そこに心を込めて動かないと、ただ理由もなく動いているだけになってしまう。

心を込めること、大切だなと思います。

なぎなた、勉強になります。
スポンサーサイト


  1. 日常日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。