なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




観劇3本 :: 2015/03/06(Fri)
観劇記事です。

まずは2月前半。
*伏兵コードvol.7「我が行路」

平林さんご出演とのことで観劇してきました。
あらすじは・・・
愛媛県の海の近くの町。
両親が亡くなり、家を取り壊すか否かで議論する兄弟たち。
そこへ謎のお遍路夫婦がやってきて・・・。

色々と考えさせられる舞台でした。
両親亡きあとの家を取り壊すかどうかの家族会議から、「帰る場所」が無くなること、
津波、不妊、米軍基地、原発などのテーマが散りばめられていて、
それでいて重くなく、淡々と物語は進んでいく。
平林さんは思った事をすぐ口に出す飄々としたキャラクターで面白かったなー。

シアトリカル應典院での舞台だったのですが、私、この劇場と相性が悪いのか何なのか、
ここに来るのは2回目&タブレットで地図を見ながら行ったのに…迷う!
実は前回も迷いまくったのです。。まさか、今回も迷うとは!!!
走って走って、一応開演の3分前には劇場に到着。
てか、前回も走って走って開演の3分前だったわ、到着したの。なっつかしー☆


次は2月中旬。
*エリーの晩餐会
「宇宙戦争が始まったけれど、白井宏幸に守れるもんなんて大島優子の写真集くらいしかなかった」

竹村がこっそりファンの劇団「らぞくま」の古川さんがご出演ということで観劇してきました。
てか、タイトルからして面白い。
あらすじ・・・
白井宏幸の前に亡くなったはずの父親の幽霊が現れる。
そこから突如として宇宙戦争が始まる!
地球防衛軍や大島優子、未来人、魔族などが次々と登場して。。
果たして地球はどうなる?全人類の未来はどうなる?

かなり面白かったです。
地球防衛軍なのに女性隊員がメイドさんの格好だったり。
大島優子なのに、オッサンだったり。
下ネタも満載だったのですが、純粋に楽しめる作品でした。
万人受けするか否かは、観る人を選ぶ作品かな?


3月前半。
*ボズアトール事務所の若手公演
タイトルは…タイトルなんでしたっけ??

あらすじ・・・は書いていいんでしょうかね?
確認をしていないので、私の感想のみにとどめておきます。

すっごく面白かったです。
昔よく観劇していた小劇場系的な舞台で、もう本当に私のツボでした。
現実と異世界が絶妙に混じり合っていて。
何かしらの壮大なテーマがあって。
こういうお話、好きですね。
役者さんたちは、セリフの緩急がとっても良くて、テンポが良かったな~。
事務所の方だから褒めるというわけではないのですが、この脚本を書かれた方はかなり凄いと思う。

この観劇のあと、事務所の先輩方と若手の方で飲みに行かれたそうですが、
竹村は翌日、親知らずを抜くので早めに帰宅したのですね。
そしたら…

電車、遅延。
東西線、遅延30分ーーー!

先輩や、舞台を頑張った若手を差し置いて帰宅しようとした罰かと思ったけど、無事に帰宅しました。

スポンサーサイト


  1. 観劇