なっつん島

声優・役者として活動している竹村奈津の日常をつづります。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




2015年の思い出 観劇 :: 2016/02/08(Mon)
2015年の観劇の思い出…

というか、2015年の観劇は1本しかないと気付き、微妙にショックを受ける竹村。

どうもー!皆さま、連続ブログ更新しております竹村です。

さて。
29015年…
あ、打ち間違えた。
いつやねん!

2015年の観劇の思い出。

iaku
『walk in closet』
(吉祥寺シアター)

あらすじ…
ある大雨の日。
山を切り開いて作られた住宅地のとある1軒の家に雨宿りに集まる人々。
そのお宅の息子の部屋から同性愛のDVDが見つかって…

ボズアトールのヤノさんがご出演ということで、観劇しました。
すごく面白い舞台でした。
大阪の住宅地が舞台という設定でしたので、登場人物、皆が関西弁。
しかもとっても流暢!
ポンポンとテンポよくセリフが流れるような感じで面白かった。
近所の奥様の突っ込みが鋭さや、「雨の日のバスタオルは貴重なんだから」というセリフや、
(バスタオルのような分厚いものは、雨続きの日に乾きにくいのであまり使いたくないという主婦目線)
ほんと日常で「うんうん!その通り!」ということがサラリとセリフで出て来て、それも面白かったなー。
そしてヤノさんの役は、頼りないお父さんだったのですが、ラストでは愛情いっぱいで、
息子のことをこんなにも強く大切に思っていた人だったのか!と感動しました。

テンポ良く進み、会話が面白く、ラストまで惹きつけられ、
そして、ラストではググっと問題が解決に向かい親子の愛情にホロリとする・・・本当に良い舞台でした。

追伸
2015年は観劇が1本だったので、今年はせめて3本は観たいと思います。
スポンサーサイト


  1. 演劇関係



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。